5'st...ゴダッシュエスティ一級建築士事務所

studio5st.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 14日

トークイベント 金曜の会 

今日は、
金曜の会でした。


ワインをのみながら

リラックスして

たのしく

建築のはなしを聞く会

サロンのような形を目指してます。


建築に携わる方

学生さん

一般の方

建築オタクさん

みなさんWELCOME

建築という世界を

楽しんでくださいませ。

お待ちしております!




(公社)日本建築家協会

建築家クラブ

という部屋で毎月1回開催しています。



この会、わたしがいいなと思っているのは

スピーカーの方も

リラックスしてはなしてくださっているということ。

アイデンティティの背景

どんなものに影響を受けたか

本音・裏話・苦悩・


本では知ることができない生きた話に

触れることができることだと思います。




今日は、マウントフジアーキテクツスタジオの原田麻魚さんでした。

f0087202_00021585.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
笑うこと、暮らすこと、しぜんのまま、ありのまま
5'st一級建築士事務所
http://studio5st.com






# by studio5st | 2018-12-14 23:20 | セミナー・ワークショップ・イベント
2018年 12月 13日

砂浜のこと 

f0087202_00353619.jpg
NHKのニュースで砂浜の侵食についてとりあげていました。

温暖化で海面があがり、今世紀末までに日本の6割の海岸が完全消滅するおそれがあると。

砂浜が減少した理由はこんなこと言われてます。
堤防ができたから潮の流れが変わった。
川のダムで砂が堰き止められたので、海に砂が流れてこない。

今回の記事の
温暖化による海面上昇。

温暖化ですか。。
砂浜はほんとうに色々なことを教えてくれますね。

自分たちの暮らしから、考えていこう!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
笑うこと、暮らすこと、しぜんのまま、ありのまま
5'st一級建築士事務所
http://studio5st.com





# by studio5st | 2018-12-13 23:35 | 湘南・日々の暮らし
2018年 12月 12日

ポタジェガーデン



5’st(ゴダッシュエスティ)のクボタケイコです。

f0087202_23470029.jpg

今日は、ポタジェガーデンのはなしです。

みなさん、ポタジェガーデンってご存知ですか?


家庭菜園のフランス語で【potager】

果樹・野菜・ハーブ・草花など混植した

実用と観賞を兼ね備えた庭

(ウィキペディアさんより引用)



見た目もきれいで、食べられるって

わくわくしますよね。


うれしいご縁で

そのポタジェガーデンづくりに

関わらせてもらうことになりました。



どの植物を組みあわせるといいのかな?

見た目もきれいで

病害虫から守り、成長を助ける組みあわせ。

コンパニオンプランツ


お庭を彩るヒント!

たくさんありそうですよ。



ポタジェガーデン、定期的に

ご報告したいと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
笑うこと、暮らすこと、しぜんのまま、ありのまま
5'st一級建築士事務所
http://studio5st.com









# by studio5st | 2018-12-12 23:00 | 湘南・日々の暮らし
2018年 12月 11日

廊下にサニタリースペース~設計編



どんどん寒くなってきました。
天気予報では関東も雪が降るのでは?とのこと。
窓をあけた瞬間、寒いというより
冷たい!という印象です。今、外気は5°Cだそうです。
暖かい気候に慣らされた身体にはもっと低く感じてしまいますね。


さて、今日の話題はサニタリースペースの設計のおはなしです。

f0087202_18361703.jpg

この写真のサニタリースペース、
廊下のワンコーナーにあります。

メインの洗面台は浴室横にあるので
セカンドサニタリースペースです。

寝室が二階なので、近くに洗面器がほしいという
ご要望+奥にあるお手洗いの手洗いも兼ねています。


朝起きて、顔を洗う、歯を磨く
高窓からさしこむ光と空の眺め!
気持ちがいい場所です。

実はここ、廊下の一部分なんです。

廊下はただ通るだけの場所ではもったいない。
少~し広くスペースをとるだけで
立派な部屋になりえるのです。


この空間が気持ちよい訳
もうひとつ、大きなポイントがあります

奥のスペース入口が引き戸であること。
建具を常時すっきり開けておくことが可能です。

窓から光も風も通って心地いい。
そして、広くスペースを持たせることができます。
どうでしょうか?
扉が閉じているより、広く感じるとおもいます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
笑うこと、暮らすこと、しぜんのまま、ありのまま
5'st一級建築士事務所
http://studio5st.com



# by studio5st | 2018-12-11 19:15 | おしごと!設計、現場、よもやま話
2018年 12月 10日

1年点検

5'st(ゴダッシュエスティ)のクボタケイコです。
急に寒くなりましたね。
たまらず今日はストーブに火をいれましたよ。

きのうは、昨年完成したお宅へ、1年点検にお伺いしました。

1年点検って?何でしょうか?
それは、建築が完成して1年めに行う検査。
春夏秋冬、暮らしてみて、わかることがあります。
建物の状況・不具合や使い勝手等を確認するのです。


建築設計事務所、工務店さんと、おきゃくさまで、外部・内部としっかり点検します。
丁寧にしっかり創られていて、大きな不具合はありませんでしたが、
収納の扉1枚に、すこしガタつきが出ていたため、工務店さんが、
すぐに建具屋さんにみて頂くよう手配してくださいました。

住み心地如何ですか?
とお尋ねしましたところ、

“めちゃくちゃいいです!家にすぐ帰ってきたくなっちゃう”

“夏も冬も快適、住みやすい!”


と、最大級のコメントをいただき、ほんとうにうれしい限りです。
そう感じていただけることが、私たちの幸せなんです。
そのために日々精進致します!!

f0087202_17191576.jpg
クリスマスツリーがぴったりの大きさです。
季節感も、小物セレクトもとっても素敵!

楽しそうに、暮らしてくださっていて感激です!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
笑うこと、暮らすこと、しぜんのまま、ありのまま
5'st一級建築士事務所
http://studio5st.com





# by studio5st | 2018-12-10 17:46 | おしごと!設計、現場、よもやま話
2018年 11月 04日

湘南ベルマーレ

f0087202_15551364.jpeg
ルヴァンカップ2018、決勝。
埼玉スタジアム2002へ
湘南ベルマーレの応援に行ってきました。


優勝!!!

おめでとうございます。

曺監督就任の2012年。
走って走ってJ1に昇格を決めた2014年。
魅了するサッカーを繰り広げJ1、8位という好成績を残してくれた2015年。
他のチームにたくさん選手を引き抜かれJ2落ちしてしまう2016年。
そして再びJ1昇格を決めてくれた2017年。
そして今年2018年。

ルヴァンカップで優勝するまでになったことが、うれしい。


あとは、リーグ戦。
J1残留できるよう、応援しています。
いつも熱いサッカーをありがとうございます。


しかし、サッカー専用スタジアムは、グランド・選手が近くてより臨場感がありますね。
f0087202_16435550.jpg
埼玉スタジアム2002
設計:梓設計
施工:鹿島建設
構造:RC .SRC.S
屋根キールトラス+TMトラス
収容人数:約6.3万人
f0087202_17073531.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
笑うこと、暮らすこと、しぜんのまま、ありのまま
5'st一級建築士事務所
http://studio5st.com


# by studio5st | 2018-11-04 15:30 | 湘南・日々の暮らし
2018年 10月 26日

ギャラリーへ


f0087202_22522330.jpg


高校時代に通っていた大学入試のための学校(美大を目指す人が通うところ)、
大学と一緒だった先輩が、銀座で個展を開催されているとのことで行ってきました。

打ち合わせの合間の時間でおじゃましたので、ゆっくりできなかったけれど、
久しぶりの再会と、ひかりをまとう絵を間近でみれたことがうれしい。
新作の土を使った作品も、画面から生がぐっと迫ってきてかっこ良かった。


after the hard rain KO KUBOTA
gallery SIACCA


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
笑うこと、暮らすこと、しぜんのまま、ありのまま
5'st一級建築士事務所
http://studio5st.com




# by studio5st | 2018-10-26 22:51 | 音楽・美術
2018年 10月 24日

竹のアート2018

今年も竹のアートの時期となりました。
なんと驚きの20周年記念YEARです。
f0087202_22243253.jpg
↑実験中
新しいデザインは繰り返し繰り返し
考え悩むことで生み出される
新しいチャレンジはいつも楽しい
手を使い実際につくることで、
作り手の気持ちも知ることができる

仕事の現場にどれだけ役にたっているか計り知れない



10/28(日)
宮代町新しい村にて 竹のアートスタンプラリー開催
スタンプラリーにご参加される方は
森の市場前受付にて、スタンプラリーの用紙をお受け取りください。
9時~16時くらいまで

18時~オープニングコンサート(ハーモニカ)
18時45分ごろ~山崎集会所にて作品発表会
20時過ぎころから、参番穂作品にて、年に一度の『ほ・ほ・ほのBar』開店

予報では天気は晴れのち曇り、月は25日が満月なので、雲にかからなければ
月明かりで飲めますね。
(場所:ほっつけから宮代図書館へ向かう途中の新しい村たんぼ脇です)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
笑うこと、暮らすこと、しぜんのまま、ありのまま
5'st一級建築士事務所
http://studio5st.com


# by studio5st | 2018-10-24 22:24 | セミナー・ワークショップ・イベント
2018年 09月 19日

リノベーション 〜家の記憶1〜

家の記憶。


小さいころ、祖父の家にしばらく暮らしていたことがある。

東京の住宅街の一角にその家はあって、大谷石の優しい門構えをしていた。

門扉を開け、飛び石を、とんとんと渡り、木の玄関扉をそっと開ける。


「ただいま~」


家にはいると、高窓から、磨りガラスを通した柔らかな光が差し込んでくる空間が広がっている。


・・・・・


小説にしたらこんな書き出しになるだろうか?惜しまれながら解体することになった、お施主さまの祖父の家。

小さい頃、楽しかった、自分が過ごした時の記憶を残しておきたいという依頼を受け、このプロジェクトは始まりました。

建築設計事務所が設計したという家は、建具ひとつ取っても、愛着あるものだったと教えてくださった。


お施主さま、工務店さん、弊社で思い出の家を現地視察。

外部の建具、

内部の建具、

金物、

家具扉、

壁の木羽目板、

そして大谷石

を運ぶことにした。庭の石も魅力的だったのだけれど、簡単には運べないため、今回は諦めた。


さぁ、どう使おうか?


ここから、設計が始まった。



f0087202_14125422.jpg
↑旧お勝手口

サザエさんでいう、三河屋さんが届けてくれる入口ですね。


# by studio5st | 2018-09-19 14:00 | おしごと!設計、現場、よもやま話
2018年 07月 11日

インテリアフェスティバルスタート

f0087202_19295247.gif
日本橋匠大塚さんでインテリアフェスティバル。
16日まで開催中です。
沢山の家具たちに囲まれてのパネル模型展示会&相談会。これは幸せ空間です。

匠大塚さんは、無垢の天板をたくさんお持ちです。探している方はチェックですよ。
そして、匠大塚さん、オリジナルベッドもたくさんお持ちです。こちらも目利きのみなさんの英知を結集して開発されたものということなので、こちらも気になるところですね。
f0087202_19523565.gif





# by studio5st | 2018-07-11 19:27