5'st...ゴダッシュエスティ一級建築士事務所

studio5st.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 24日

ベンチ

「建築で知る茅ヶ崎」というイベントに、今年の夏、参加致しました。

その中のイベント「みちづくりプロジェクト」の一環で、

街角に期間限定の“お休み処”をつくったときに製作した廃材利用ベンチ!!

昭和16年築で残念ながら取り壊しになった別荘建築の建築材料を廃材として捨てられる

前に頂いて参りまして、利用。

なんとなんと、ベンチとして甦りました!

f0087202_16371977.jpg


製作方法はとっても簡単で、カットしてビス止めをしてあるだけですが、丈夫なのです。

(あ、大変だったのは、廃材なので、釘を抜かなくてはいけなかったこと、、、。)


さてさて、そのベンチ、せっかくなので時間を見つけてペインティングすることに致しました。

どんな姿に変わるかな?



イベントの様子 “青空図書館と紙芝居”↓ 
f0087202_1764096.jpg

f0087202_178990.jpg















建築家といえづくり
http://studio5st.com/
[PR]

by studio5st | 2013-12-24 16:35 | DIY・つくること
2013年 12月 23日

たのしいテーブル(テーブルコーディネート)

メリークリスマス!!

今日は23日なので、クリスマスイブのイブですが、連休中ということもあって

クリスマスイベントをされた方も多かったのでないでしょうか?


そこで、ちょっとしたテーブルコーディネートのお話です。

みなさま、ランチョンマットって使われていますか?

写真は、5'st(ゴダッシュエスティ)で設計させて頂きました

マンションのお部屋、でのワンショット。

f0087202_18595713.jpg


ランチョンマットとは、一人分のプレート、グラス、カトラリーをセットするために用います。

テーブルへ直接置く場合と、テーブルクロスの上に重ねて置く場合とありますが、

布一枚でグンと華やかさが加わります。

色んな素材や色のランチョンマットがありますので、

ぜひチャレンジしてみてくださいね。




















建築家といえづくり
http://studio5st.com/
[PR]

by studio5st | 2013-12-23 23:39 | 料理・たべる
2013年 12月 19日

フェタチーズ

最近凝っているチーズ、それはフェタチーズです。

ギリシャでは、いちばんポピュラーで、昔から食べられています。

山羊と羊のミルクからつくるフレッシュチーズで、塩分つよめで、コクがある、なので、サラダや、フルーツ入のパンと一緒に食べると最高に美味しい!

今回はアンデルセンのライ麦が入ったフルーツ入りのパンにカットしたチーズを乗せたもの、
そして無農薬のレタスを頂いたので、カットレタス・チーズ・ゴマドレッシングで頂きました!

クセもなくてとても楽しめるチーズです。

f0087202_18644100.jpg










建築家といえづくり
http://studio5st.com/
[PR]

by studio5st | 2013-12-19 23:54 | 料理・たべる
2013年 12月 13日

ホテル テルメ ヴァルス2

旅に出たときに、必ずすることがあります。

それは宿泊宿のお部屋のスケッチです♪

たまに抜けるときは、ビジネスホテル

で、これはまぁ記録しなくても、いいでしょうというとき。

これは!と思うホテルは、描かずには居られません。

後で見返すのも、旅の思い出が蘇って、楽しいものです。

ホテル テルメ ヴァイスも、もちろんスケッチさせて頂きました!

お部屋に入ってまず、写真撮影!も忘れずに(o^^o)

f0087202_16212954.jpg










建築家といえづくり
http://studio5st.com/
[PR]

by studio5st | 2013-12-13 16:08 | たいけん!建築・インテリア
2013年 12月 12日

ホテルテルメヴァルス(Hotel Therme Vals )

直島で、窓のつくり方によって、景色と空間(室内)の関係性が変わってくるということに触れました。

そこで、もう少し窓について書きたいと思います。

直島はスチール製サッシで、横桟が1本、縦桟が1本、天井までの開口部が1つというシンプルな構成でした。

この桟の太さ、高さ、割り方で空間は大きく違ってきます。

何気なく存在するようですが、重心が下がることによっての落ち着きなども変わる。

人間の感覚は、とてもデリケートなのです〜。


と、いう前置きで、今日はスイスにある、Hotel Therme Valsの部屋を紹介します。

ここは、スイスの南南東、イタリアとオーストリア国境に近い、ヴァルスという町に

あるホテルです。

設計はスイスの建築家、ピーター・ズントー(ズムトールと表記される場合もある)さん。

テルメは建築から、ホテルは改修・インテリアの設計をしています。

スイスの美しい山に囲まれた、とても贅沢な場所。

ホテルは改修なので、窓の形状は変えず、

窓側の壁を黒に塗装して、景色だけを引き立たせる仕掛けを施していました。

家具もそれに合わせて黒を採用。光沢のある艶有り塗装家具でモダンに仕上げ。

見え方全く変わってきますよね。




ここは、自然というものがどれだけ人間に豊かさを与えてくれるものか再認識させてくれる場所。

お気に入りの場所です。

f0087202_23114116.jpg

f0087202_231136.jpg









建築家といえづくり
http://studio5st.com/
[PR]

by studio5st | 2013-12-12 23:24 | たいけん!建築・インテリア
2013年 12月 12日

ベネッセアートサイト直島

f0087202_23585492.jpg


美術館の中に設けられた『作品に一番近いホテル』。

美術館に泊まるなんて、なかなかできないですよね。

安藤忠雄さん設計です。

「自然・建築・アートの共生」がコンセプトとあって、

部屋にとけ込むような瀬戸内海の風景を感じることができます。

どのように、風景を見せるか。

室内と外を仕切るもの「窓」のつくりかたで、全く違うものになってくるのです。



↓窓の作り方をブログに書いています、続けて読んでみてくださいね。
<建築>ホテルテルメヴァルス









建築家といえづくり
http://studio5st.com/
[PR]

by studio5st | 2013-12-12 00:11 | たいけん!建築・インテリア
2013年 12月 09日

水牛のモッツァレラ

今日は、チーズのお話。

モッツァレラチーズといえば、カプレーゼ!が、親しみのあるメニューですが、

ピザやドリア、または和風に食べるのもおすすめのチーズ。

そして、モッツァレラチーズは、材料が水牛のミルクと、牛のミルクのものがあります。

水牛のミルクから作られたものを、モッツァレラ・ディ・ブーファラ、

牛のミルクから作られたものを、モッツァレラ・ディ・バッカ。

本来は水牛で作られていましたが、今は牛で作られたものも出回っていて、

日本で通常売られているのは、牛のものが多いです。(ミックスもあります)


f0087202_13413947.jpg


写真は、2種の水牛モッツァレラチーズとハムの盛り合わせ。

@モッツァレラバー:六本木ミッドタウン

水牛のモッツァレラは、濃厚なのに、すっきりした味。

お値段は牛より高いですが、おすすめです。

チーズ盛り合わせは、シンプルなものと、藁で薫製したアッフミカータ。

どちらも、とても美味しい!!









建築家といえづくり
http://studio5st.com/
[PR]

by studio5st | 2013-12-09 13:41 | 料理・たべる
2013年 12月 03日

ステンドグラス

先日アップした、ステンドグラスのタナ照明。

明るい日差しの元でのワンショット。

色ガラスは、光が透けるときと、日中はまた違う表情を見せてくれます。


f0087202_2213236.jpg



ガラスはとてもおもしろい素材です。

建築やインテリアにも、いかすアイデアはたくさんありますね〜。


↓合わせてこちらも読んでみてくださいね。
ブログ ステンドグラス設置完了





建築家といえづくり
http://studio5st.com/
[PR]

by studio5st | 2013-12-03 22:12 | おしごと!設計、現場、よもやま話