5'st...ゴダッシュエスティ一級建築士事務所

studio5st.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

ビューバス

最近たまに見かけるようになりましたが、なかなかないのがマンションのビューバス。
部屋に窓が必要、3LDK、4LDK、などといってあと回しになってしまうことが多いのが、水周りゾーンです。

マンションのつくりにも大きく左右されますが、ほんとうに何部屋も必要なのか?ということから考えてみるのも大切です。大きなワンルームにすることでビューバスにできるかもしれません。レイアウトは多々考えられますので、今はここまでにして。

空を見ながら入るお風呂、毎日の入浴タイムが楽しみになりますね。

f0087202_19123636.jpg
photo:
ゴダッシュエスティ一級建築士事務所・設計プロジェクトより

[PR]

by studio5st | 2012-11-30 18:46 | じょうほう!建築・インテリア
2012年 11月 25日

西向きのお部屋

以前、沖縄で設計をさせて頂いた南西の角に位置しているお部屋の話。

陽が傾いてきたこの時間、いまの季節は西日が室内まで、入りこんできて暑いくらいです。

ガラスにUV加工が施してありますが、
カーテンは遮光にして、家具焼けをなるべく防ぐようにしています。
f0087202_1827382.jpg


あ〜、そんな苦労をするなら西向きはいや!!と、もいいきれない。

これを書いているうちにもう陽がしずんできてしまいました。

大きな夕陽、刻々と変わっていく空の色、そしてすこしづつ気温が下がっていくのを感じながら、夜を待つ。

ドラマのある部屋の向きなんですよね。

ちなみに沖縄のリゾートホテルは断然西の海岸線に位置しています。

長所は短所、短所は長所。





建築家といえづくり
http://studio5st.com/
[PR]

by studio5st | 2012-11-25 17:33 | おしごと!設計、現場、よもやま話
2012年 11月 18日

日本のチーズ

チーズといえば、フランス!というイメージが強いですが、

日本のチーズ農家さんもかなり頑張っています。

このチーズは、北海道おこっぺ町 富田ファームさんの「コタン」。

和製グリュイエールといううたい文句で販売されていましたので、試食したら

こくがあっておいしい。

そのまま食べて美味しいのはもちろん、リゾットに入れたり、パンにのせたり

色々楽しめます。

f0087202_21573233.jpg


グリュイエールはスイスのチーズで、とてもお気に入りのチーズです。
[PR]

by studio5st | 2012-11-18 21:55 | 料理・たべる
2012年 11月 15日

木漏れ日

f0087202_21465256.jpg


アトリエの黒板(藤色ですが)に、木漏れ日の影が落ちています。

部屋の中にまで光が入ってくる季節になったのですね。

冬至に向かって、徐々に太陽高度を下げて行きます。
[PR]

by studio5st | 2012-11-15 21:46 | 湘南・日々の暮らし
2012年 11月 14日

藤沢こどもまちづくり会議

子ども達と、町を歩き、色々な発見を通し、自分たちの将来住む町を考える会議にファシリテーターとして参加。

今回は江ノ島と洲鼻通りを散策、子供たちみんなで『防災•観光•景観』をテーマに

〜未来の自分たちの住みたいまち〜を模型を作りました。

f0087202_81125100.jpg


カッター上手く使えたかな?
[PR]

by studio5st | 2012-11-14 07:37 | 湘南・日々の暮らし
2012年 11月 09日

やちむん通り

沖縄出張です。

国際通りから少し入ったところにある『壷屋やちむん通り』へ足を延ばしてみました。

壺屋は住所、やちむんは焼き物のこと。

窯元・直売店・セレクトショップ・お食事処が点在する通り、そこから延びる

路地。戦争の被害が少なく当時の街並に近い状態で残っているそうです。

f0087202_21182749.jpg


台風が多い地域なので、屋根は低く、生け垣を高く防風林としてつくられている

特徴が色濃く出ています。

坂を登ったり、くねくねした道を歩いて行くと、工房で働く人たちの生活が

点在している風景。

沖縄は路地がおもしろい。
[PR]

by studio5st | 2012-11-09 21:03 |
2012年 11月 05日

Japan Creative in 西武渋谷

Japan Creative in 西武渋谷
〜日本のものづくりの伝統×海外デザイナーのコラボレーション〜


伝統工芸、伝統産業、先端技術にあらわれる日本の技と美意識を、
海外デザイナーとのコラボレーションの中でいかに再発見し活性化させて
いくかをテーマに、6組の「マニファクチャー×デザイナー」の作品が
展示されました。

f0087202_12324425.jpg


なぜ海外のデザイナーさんと組んだのか?
「日本のものづくりの創造性を新たな視点と仕組みで世界へ発信する」
日本という中に住んでいるとわかっていて当然・当たり前となんだけれど、
そこが魅力だと外からの目で日本を気づかされることもあるのだろう。

木の木肌の荒々しさ・曲線を生かしたベンチ。
田舎風ではなく、デザインされた荒々しさ。
和紙と影という曖昧であって優美さを持ち合わせた・しかし本当はハイテクな時計。。。
吹きガラスではなく、板ガラスを曲げて楕円を作り出した照明。

日本にはすばらしい技術がたくさんあって、
生産性のみを重視して消費する世界に埋もれ、失われてはならないなと
改めて考えさせられる展示だった。
[PR]

by studio5st | 2012-11-05 12:31 | 音楽・美術
2012年 11月 03日

野菜料理

f0087202_1548177.jpg


友人宅で、野菜のフルコースを頂きました。

メニューのひとつ、根菜の重ね煮は、根菜を重ねて、水をつかわず蒸して、

野菜の力を引き出す料理。

優しい味です。

そして根菜は身体を冷やさないので身体のためにもとてもいい。

写真はメイン料理。無農薬野菜を、蒸してから、野菜の出汁につけて、焼いたもの。

人参は、縦に半分にしたままの大きさという迫力ながら甘くて食べやすい。

農家さんがこだわって作った人参だから。

ゴボウ、大根、里芋、レンコン、玉ねぎ、そして春菊のソース。

見た目はおなじようにみえる野菜だけれど、味の鮮烈さが違います。

腹八分目は超えてしまったけれど、消化がいいのでもたれません。
[PR]

by studio5st | 2012-11-03 00:03 | 料理・たべる
2012年 11月 01日

国立新美術館

黒川紀章さん設計です。

大きなアトリウムの中に逆円錐形のカフェやレストランが、点在します。

美術館。

感性を刺激してくれる場所です。

最上階の「ポール・ボキューズミュゼ」から階下の眺め。

浮遊感ありますね。

空間の大きさが豊かな気持ちにさせてくれます。

この日は時間がずれたせいか、お客もまばらで静かな時間が流れていました。

f0087202_22135183.jpg


レストランの厨房は、円錐の中にあるため、厨房は見えない設計です。

ちょっと厨房のぞいてみたい。

ナプキンにボタン穴が付いていたり、

コーヒーカップの持ち手がプレートになっていたり。

話題には事欠かない。(詳しくは後日。。)

そして忘れてはならない、

デザート。

美味でした。

美術館で、おいしい食事がとれるとうれしくなりますよね。
[PR]

by studio5st | 2012-11-01 22:44 | たいけん!建築・インテリア