5'st...ゴダッシュエスティ一級建築士事務所

studio5st.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 31日

サンプル

前に手掛けさせて頂いたおうち、リフォームをすることになりました。

白のカーペットを検討中。

今回のセレクトポイントは

足のうらの感覚、汚れにくさ、掃除のしやすさ、風合い、白の色味、そして価格。

ショールームでサンプルを頂いてきました。

はい、とサンプルを入れてくださった紙袋のすてきなこと。

f0087202_21595554.jpg


選ぶ段階からわくわくさせてくれますね〜。
[PR]

by studio5st | 2012-10-31 21:57 | おしごと!設計、現場、よもやま話
2012年 10月 31日

工具たち

竹のアートで使う工具です。

写真右端に写っている、珍しい形の工具は何でしょう?

f0087202_0363522.jpg


答えは竹割り器!

これで1本の竹を6分割します。

長い竹を一気に割るには、少々熟練が必要なのです。

大きなポイントとして刃を入れる方向。

『木元竹裏』ということで、根元と反対側から刃をいれるのがコツです。

反対側からやってみるとかなりキツイ。
[PR]

by studio5st | 2012-10-31 00:49 | DIY・つくること
2012年 10月 28日

宮代町進修館〜町の人々に愛される建築〜

進修館(しんしゅうかん)
〜町のコミュニティセンター

埼玉県宮代町に1980年に建てられた建築です。
子供の頃をこの町で過ごしているので、愛着がとてもあります。

最近この町で、『まちほめ学会』という会が立ち上がりました。
なんて素敵なネーミング。
町にあるよいもの、よいところを改めて再確認し、
誇りを持って褒めることをできる人を育てようという会。
それも一般町民の発案だそう。

町だって褒めて育てる!!!

そして最初に取り上げられたのが、町のシンボル『進修館』。
設計された象設計集団の富田玲子さんを迎えての座談会が開かれる
ということで参加してきました。

印象的だったのが、設計時の町からの要望。
ー世界のどこにもないものをつくりたい
ー子供たちが大人になって誇れるうなものにしたい
ー集える場所にしたい

この三つだったそう。

そして町の人たちみんなの庭であり、居間であり、応接間であり、
勉強部屋である建築ができた。

待ち合わせ・野外映画や文化祭、地元でとれたそばの実でそばづくり、
お茶会、cafeといつも利用されている。
みんなに親しまれている幸せな建築だ。

f0087202_10404169.jpg

PHOTO:雨の進修館 アプローチ
[PR]

by studio5st | 2012-10-28 17:48 | たいけん!建築・インテリア
2012年 10月 27日

竹のアート2012

今年も竹のアートに参加しました。

ついに14年目に突入です。

素材に触れ、自分たちで手を動かすことがものづくりには

とても大事なことなんですよね。

参加作品。

チーム名『参番穂(さんばんほ)』

タイトル『ほ・ほ・ほのBar2012 まゆね』

毎年、場をつくるをコンセプトに作品を制作しています。

HP↓
http://sanbanho.web.fc2.com/index.html
f0087202_14103964.jpg


寝転がって空をみるのも気持ち良いです。

展示は下記で11月末まで。
埼玉県宮代町あたらしい村近辺
田んぼの中に作品が点在しています。
参番穂作品は図書館の近くの田んぼ脇です。
[PR]

by studio5st | 2012-10-27 14:13 | セミナー・ワークショップ・イベント
2012年 10月 26日

お気に入りのガラスたち

取材に来てくださったカメラマンさんが、

大切に集めてきたガラスたちを写真に収めてくださいました。

フォルムの美しさ、楽しさ、そして

ガラスを透過してくる光に毎日癒されています。


f0087202_22532873.jpg

PHOTO:Takashi Tonehira
[PR]

by studio5st | 2012-10-26 22:55 | 小物