5'st...ゴダッシュエスティ一級建築士事務所

studio5st.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 24日

サカナクション 6.1ch 〜音の中を泳ぐ〜

少し前のことになりますが、もっと時が過ぎる前に書き留めておこう。
時系列にならない記事、これからもあると思いますが、ご容赦のほど。

ということで、今日は大ファンである、サカナクションについて書こうと思います。

2017年9月30日 幕張メッセ
サカナクション6.1chライブに行ってきました。
6.1chとは、ドルビーラボラトリーズ
「6.1サラウンドシステム」のことで、簡単に言うとスピーカーの配置構成のことで、より臨場感をつくりだすことができるのです。
大きなコンサート会場によく見られる、ステージ横の爆音ではなく、会場をぐるっとスピーカーが囲み、どこにいてもステージと一体感が味わえるというもの。

このliveは、チケットの販売方法が通常と異なり、クラッシックの様に、音が良いエリアの金額が高くなっていて、音の良い順にプラチナム、スペシャル、レギュラー、それに加えファミリー車イスエリアがありました。
今回入手できたのは、プラチナムチケットではなく、レギュラーだったのですが、ステージから離れていても、遠い感じがしない、包み込まれる会場の一体感はすごいです。
その驚きのレベルでの話ですが、やはり自分に近いスピーカーの音はすこーし大きく聞こえるので、会場中央のプラチナムエリアは、このズレも無いのだろう、一度体験してみたい。

会場はオールスタンディング。
『まだまだ踊れるかー』の山口一郎さんの呼びかけで、益々盛り上がっていく。

サカナクションといえば、
ステージづくりへのこだわりも見所。
今回の6.1chのように音響や、ステージの配置、楽器、照明、アート、シーンの作り方など、どんな空間をつくりだして来るのか、毎回楽しみで仕方ない。

6.1ch幕張メッセは、会場に入ったときから青い空間だった。そして暗転、ステージが始まる。大きな水槽に入った魚たちが、音の中を泳ぐ、気持ち良く泳ぐ、そんなステージだと感じました。



f0087202_17261648.jpg




[PR]

by studio5st | 2017-11-24 17:15 | 音楽・美術


<< 森の家 〜リビング〜      輸入壁紙2 >>