5'st...ゴダッシュエスティ一級建築士事務所

studio5st.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 05日

ティンゲリー美術館

f0087202_23313888.jpg


スイスのバーゼルにある美術館です。
建築設計はマリオ・ボッタ。
ライン川のほとりに建っています。
''ワーレントラスをダブルの曲面シェルで挟む''という屋根の構造がこの建築の特徴のひとつ。

建築もおもしろいのですが、この美術館は展示もおすすめなのです。
捨てられた家電や機械などを使って制作された作品群がたくさん展示してあります。
見るだけでなく、スイッチを踏むと、動き出すアートがあったり、
飽きない。。

ティンゲリーの奥様のニキと共同制作した、パリのポンピドゥー・センターに
隣接するストラヴィンスキー広場の「自動人形の噴水」は目にしたことがある
かもしれません。とても楽しげです。
[PR]

by studio5st | 2013-02-05 00:33 | たいけん!建築・インテリア


<< 街の風景〜品川駐輪場〜      信州の木見学 >>